スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Edit

ありがとう

ベリーとの別れは、今まで味わった事が無い、辛く悲しいものでした。

亡くなった午後、お友達のパロミノさんから、素敵な手作りのリードが届きましたが

残念ながら、つけてあげる事は出来ませんでした。

P1070817_convert_20150511070909.jpg

傷を下にして寝かそうと思いましたが、それも痛そうで。

その日は、夫婦でベリーの横にお布団を敷き、一夜を過ごしました。

そして、昨日、穏やかな晴天のもと、ベリーはお空に登っていきました。

P1070818_convert_20150511071013.jpg

大好きだったプーさんは一緒にと思いましたが、お骨に引っ付く恐れがあると言われ

仕方なく持ち帰りました。

獣医さんに、「とんでもない傷の痛みだったと思います。人間なら耐えられない」と言われました。

もう、ベリーは痛みを感じる事は無いのだと思うと、ホッとする思いもあります。

本当に、よく頑張りました。

今はただ、ありがとうと言う言葉しか出てきません。

長生きしてくれて、ありがとう。

家族を支えてくれて、ありがとう。

犬の素晴らしさを教えてくれて、ありがとう。

世界を広げてくれて、ありがとう。

いつもお留守番してくれて、ありがとう。

いつも、そばにいてくれて、ありがとう。

悲しい時、ベリーを抱きしめると、心が落ち着きました、ありがとう。

もう、ベリーの柔らかな体に触れる事はできないけれど

ママは強くなるからね! もう少し時間掛かるけど。


14才9ヶ月、最後まで家族思いのベリーでした。

大きいくせに、ビビリで、犬のくせに犬が苦手なデカシェル・ベリーの事

忘れないでいてくれたら、うれしいです。

今まで、ベリーを可愛がってくださり本当にありがとうございました。





スポンサーサイト
スポンサーサイト
2015.05.11 08:01 | Comment(7) | ベリー | Edit
«PREV | PAGE TOP |  NEXT»
TMP Designed by I'm looking for.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。